本文へスキップ

女性のひとり暮らしは安全第一!

女性が安全な環境で暮らすために

女性が安全に快適にひとり暮らしをスタートさせるには?


女性のひとり暮らしは何かと不安や悩みが多いと思います。
それでも多くの女性がひとり暮らしを夢見ているのは事実です。
では、女性が安全に、そして快適にひとり暮らしをスタートさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

真っ先に重要となるのが「部屋選び」をどれだけ確実に行えるかだと思います。
女性にとって安全な地域環境に住居を持つことはとても大切なことですし、安全な住宅環境のなかに暮らすということも忘れてはいけないポイントになると思います。

また、通勤中にはさまざまな危険があったりします。
電車に乗れば痴漢や犯罪などに遭ってしまう可能性もありますし、女性を狙ったひったくりが増えているのも事実です。
そのため、地域環境の治安がどれだけいいのかを確認することは重要です。

それから自宅周辺にも危険はあると思います。
マンションなどに部屋を借りる場合は、エレベーターでの強盗に注意しなければなりません。
そして郵便物の窃盗に合わないようにできるだけセキュリティレベルが高い物件を探すことが大切です。

オートロック、郵便物が絶対に盗まれない造りになっているマンションなどを選ぶようにしましょう。
そうすることで、安全にひとり暮らしをスタートさせることができます。


子どもの通学に備えておきたいこと


登降園も必ず保護者といっしょだった幼稚園生から比べて、小学生になると学校への行き帰りも一人。
交通ルールや、不審者への対応。お子さんに色々と教えて差し上げていることと思います。
ところでそれ以外に、親がお子さんの安全のためにしてあげられることはなんでしょう?
ここでいくつかをご紹介します。

ランドセルに個人データを記載しない

ランドセルの蓋を開けたところに、大体『○○小学校 名前 住所』など個人データを書く欄がありますよね。
今どきは、ここに個人データを書き込まないのが常識です。
いつなんどき、犯罪者からこれらのデータを利用されるかわからないからです。

同様に、名札なども登下校の際には装着せず、学校に着いてから使用し、帰る時は学校に置いてくるという決まりのところも多いですね。
でももし、下校中に事故にでも遭ったら、連絡先が必要なのでは・・・と思う方もいらっしゃるはず。
そういう場合は、ランドセルに学校名のみを記載するというのもアリ。まずは学校に連絡が入り、そこからご自宅に連絡が届くはずです。

雨の日や夕方暗くなっても目立つ工夫を

子供は背が低く、ドライバーから見えにくいもの。まして、雨の日や夕方暗い時間は特に見えにくくなってしまいます。
1年生のうちは黄色のランドセルカバーをつけることを義務付けられているところも多いですが、他にも反射板のキーホルダーなどがありますね。

特に男の子の黒いランドセルは、暗闇に溶け込んでしまいます。
ランドセルのみならず、反射板のついたスニーカーなども売っているので、工夫してみて下さいね。
【2015年度】フィットちゃんランドセル最新人気特集!

通常の交通ルールだけでは当てはまらない場合も

悲しいことに、登下校の最中に子供が車に轢かれ、怪我、あるいは死亡する事故は毎年必ずどこかで起こっています。
わりと多いのが、きちんと信号を守って横断歩道を渡っていたのに、歩行者を見ていない右折車に轢かれてしまったという事故。
実際に、わたしの子供の同級生も同様の事故に遭いました。

しかし「横断歩道を渡る時は、右を見て、左を見て、また右を見て」と教えていても、なかなかそんな習慣は続きません。
無駄だと思われることを何度もくり返すのは、子供はすぐに飽きてしまうからです。

大切なのは、「ドライバーが自分を見ているかな?」と確認すること。
車が来たら、ドライバーと目を合わせる。もし合わなかったら、無理に渡ろうとしないこと。

交通ルールと矛盾しているかもしれませんが、大切なのは「青信号を過信しない」ということです。

ちょっとでも危ないと思えば、青信号でも渡らない。賭けているのは、自分の命なのです。
学校へのルートが車通りの多い場合は、本当に気をつけて下さいね。

増大サプリのメリットは何?


男性の包茎に対する女性の意見をまとめたデータによると「真性包茎を好きになれる女性はほとんどない」という結果が出ています。
でも、その一方で仮性包茎であればあまり気にならないかも、という女性はたくさんいることも分かっています。

そして常に剥けているペニスを嫌いだと思う女性は少ないという結果も出ています。
こうしたデータを見ると、女性の本心がよく分かります。
ゼファルリンをはじめとする増大サプリが売れるわけですね。

まだ若い男性なら、仮性包茎だけどそのうち剥けてくるだろう、と考える男性もいるようです。
でも、そう楽観視はできません。ゼファルリンのような増大サプリが飲まれている理由もここにあります。

それは女性に対しても、嫌な思いをさせることがあるからです。
しかし仮性包茎はどうして女性に嫌われやすいのでしょうか?
仮性包茎が女性に嫌われてしまう本当の理由について、次にまとめてみました。
女性が男性の包茎を嫌う理由でもっとも多いのはニオイのようです。
二番目は早漏、三番目は短小であるというデータもあります。

実は、女性は包茎という言葉をあまり気にしていません。
それに包茎のことが明確に分かり、「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」などと説明できる女性もほとんどいないのです。

それに、女性が交際を断る理由として、包茎のことを挙げている人もほとんどいないでしょう。
つまり男性が考えているほど女性は包茎に対して関心がないのです。

女性が包茎を嫌う理由の一位は匂いですが、それは包皮と亀頭の間に溜まっている恥垢が臭いことが多いので、清潔にしているならそれほど問題はないのです。
でもゼファルリンを飲んで直るなら、なるべく治しておきたいところではありますね。

包茎を嫌う理由の二位は、刺激に弱いことが原因ですから、刺激に慣れさせればよくなるのだと考えられます。
その逆に完全な露茎の男性には、遅漏の人もいます。